忍者ブログ

掃溜日誌

日々の戯言や剣道の話、その他もろもろ

   
カテゴリー「日々の戯れ言」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お久しぶりです

こんばんは、お久しぶりでございます。

皆様、覚えておいででしたでしょうか、まいど針井でございます。

まぁ、覚えていただけているからこそ、こんな偏狭ブログに足をお運びいただけるわけなんで御座いますけども。

いやはや、一体ブログを書くのいつぶりなんでしょうね~?

今年の1月頃からな~んにも書いてないんですよね。

びっくりですね。

そんなに格別忙しかったわけでもないんですが。

はい、ただのサボリです、すいません。



何はともあれ、今なにをしてるのかと言いますと。

実家から下宿先に戻るバスの中です。

普段なら寝て過ごすんですが、中途半端に目が覚めて暇になってしまって。

高速バスで3時間、もちろんどこにも止まりませんよ。

バスの後ろの方にトイレが着いてるんで、トイレ休憩の必要が無いわけですよ。

慣れれば便利です、高速バス。




話は変わりまして。

携帯をようやく買い換えました。

およそ3年半ほど使い慣れた我が愛器に別れを告げ、同系列のカシオの最新型に機種変更。

前の携帯とボタンの位置や形が微妙に違ってたり、ショートカット機能が変わってたりでメールを打つスピードとかまだまだ遅いですが。

メモリが増えているせいか、反応が早くなってるのは良いですね。

やっぱりさすがという感じです。

巷ではスマートフォンが人気みたいですが、個人的にはまだまだ主流になるのは先かな、と思ってたり。

スマホは通信料がやたら高いですし。

電池の容量とかも少なかったり、機能もちょっと中途半端っぽい。

あったら実際便利だろうけど、別に新しもの好きってわけでもないしなぁ、というわけです。

小型のパソコンみたいだって話ですが、パソコンみたく使ってると電池すぐになくなっちゃうんでしょう?

だったらなぁ。

実際、携帯とスマホを2つ持ってる人もいるみたいです。

どうせもう2・3年もしたら、スマホだって過去の物になってるかもしれないですしね。

携帯だって、もっと小型化されてるかも。

ってな感じで未来に思いを馳せた、そのついでに。

SF小説はいかがでしょうか(笑)

今年も開催されてます、空想科学祭2011

天崎さんのご都合で今年は期間が早くなってまして。

ともあれ、是非よろしくお願いします!

それではまた。

拍手[2回]

PR

ジブリ作品

 こんにちは、針井です。

 今朝、起きたら腰が痛くて、病院に行ったらヘルニアだと言われました。

 高三の夏前にヘルニアになったんですけど、たぶん再発ですかね。

 ただ、前回は右足がしびれて動かなくなるまでだったのに対し、今回は腰の痛みだけなんで、まだマシな方ですね。

 しばらく安静にしてたら、多分良くなるだろうとの事でした。

 という訳で、部活も当分の間は見学という事で。

 大人しくしてます。

 ひどくなったら手術も考えなければいけないよ、って言われたんで。

 無理しないようにします。



 先週の金曜日に、金曜ロードショーで『千と千尋の神隠し』やってましたね!

 色々あって、後半の三十分くらいしか見れなかったんですけど。

 やっぱり良いですね!

 劇場で二回見て、それでも全然見あきないです。

 もう一度DVD借りてじっくり見たくなりました。

 ジブリの中では『風の谷のナウシカ』が一番好きなんですけど、それに続いて好きな作品かもしれないですね。

 それはさておき。

 そのスタジオジブリの作品の中で、最近ものすごく良いな、と思った映像があるんです。

 映像と言ったのも、それが6分40秒程度の短いものだから。

 ですが、たったその中に、なぜか引き込まれてしまうんです。

 CHAGE and ASKAが発表した曲『On Your Mark』のプロモーション・フィルムのひとつとして作成された、セリフもない短編なんですけども。

 まるで長編映画を見たような、不思議な満足感があるんです。

 短編だからこそ、人それぞれの感性に直接訴えかけられる、それが原因なんでしょうか。

 劇場版『耳をすませば』の上映前に流されたそうなんですが、当時もかなりの反響があったそうで。

 長編化の話も出たそうなんですけど、今のところその予定はないそうです。

 ぜひとも見てみたいですけども。

 現在では、『ジブリがいっぱいSPECIALショートショート』にて御覧いただけるそうなんですけど。

 ネットで探してみれば、何とか見つけることも出来るんじゃないかな?

 ぜひぜひ、一度でもご覧いただきたい作品でございます。

 何か、感じるところがあるんではないか、と思います。

 では、今日はこの辺で失礼します。

拍手[2回]

日本鬼子

 こんばんは、針井です。

 寒いですね、ここんとこ。

 寒くて寒くて、凍え死にそうです。

 こんなこと言ってると、雪国の方々に怒られてしまいそうですけど。

 そんなこんなで炬燵から出れないここ最近。

 さて。

 冬季休暇明け、下宿先に戻ってきた私ですが。

 なんと冷蔵庫の中に、消費期限切れの生卵が4っつも眠っておりました。

 なんと先月の24日切れ!

 実家に帰る前に使いきろうと思ってたんですけど、結局そのまんまほったらかしだったんですよね。

 何とももったいない。

 ただ捨てるには不憫すぎる。

 火を通して食べれば、問題ないだろう。

 卵って半年くらい放っておいても、問題なく食べれるらしいし。

 という訳で、ゆで卵にして食べる事にします。

 万が一、おなか壊しても死にはしないだろう。

 何もしないで捨てちゃったら、もったいないお化けが出てくるぞー。



 てなわけで、今日の本題。

 みなさん、『日本鬼子』って知ってますか?

 『リーベングイズ』って読むんですけど、主に中華系国家・地域にて使われる、日本人に対する別称だそうです。

 簡単にいえば、『ジャップ』と似たようなもんかな?

 反日運動にて、現在でもしばしば使われるこの言葉。

 もちろん、日本人としては良い気分ではないでしょ?

 例え深い意味を知らなくても。

 ですけど、仮にこの言葉が日本で別の意味を持っていて、日本ではそれが主流だったらどうなるでしょう?

 向こうは悪口で使ってる、でもこちらはそれを見ても、別の意味で理解しちゃう。

 なんとも愉快な事じゃないですか。

 そんな対抗策を思いついて実際に行動に移したのがこちら。

 『日本鬼子って萌えキャラ作って中国人を萌え萌えにしてやろうぜ

 例によって、2ch発の運動です。

 趣旨はタイトルそのまんま。

 『日本鬼子(ひのもとおにこ)』っていうキャラクターを作って、日本で公式にしてしまおうってこと。

 最終的には、グーグルでの画像検索を埋め尽くすまでにひろめるのが目的だったか。

 まあ、スレの趣旨をまとめサイトから引用させていただくと。

『日本鬼子ってキャラを作り、日本鬼子に別の意味、概念を作る事 

その新しい概念が定着した人間が反日デモ、暴動見たとき 
日本鬼子! って旗持った奴が顔真っ赤にしてシュプレヒコール挙げてたらどう思うか? 
日本鬼子ってなんだろうってググったら萌えSSやかわいい鬼子ちゃんがTOPででてきたら 
どうだろう? 

反日暴動の画像みたら萌えオタが暴動起こしてるように見えるんじゃないか?』

 とまあ、そういう事です。

 結果、かなりの反響で。

 公式デザインも決定、発表されてますね。

 こんな感じですよーっと。

日本鬼子

 当然のごとく、日本のこうした反応に向こうは混乱。

 面白い事になってきてるみたいですね。

 『描く兵器』だとか、『国境なき絵師団』だとか、そんな風に言われてたり。

 でも、こういうのも面白いですね。

 こんな発想ができる日本、大好きだ。

 世の中みんな、こんな風に対処できれば、争いも減るんじゃないかなーと思ったりしてみます。

 では、今日はこの辺で失礼。

拍手[0回]

話題のあの小説、まとめ

 どうもどうも、針井でございます。

 そろそろお正月気分も抜けてきた今日この頃。

 実家から戻り、自炊生活再開でございます。

 ああ、実家は良かった。

 何もしなくても、ご飯用意してくれるんだもの。

 母親のありがたみが身にしみます。



 それはさておき、本題へと移りましょうか。

 先月、『KAGEROU』のレビューが酷いという件について、ブログを書かせていただきました。

 その時、自分なりに色々と考えを書いていたわけなんですけど。

 一度も読まずに言いたいだけ言うってのには、自分のポリシーに反するという事で。

 読んでまいりました。

 正確には立ち読みですけど。

 もっと正確にいえばかじり読みですけど。

 もっともっと正確に言うのであれば、全部読んでませんけど。

 いや、面白かったら購入してじっくり読もうかと思ってたんですけど、物語に引き込まれる事もなく。

 うーん、どうなんでしょう。

 僕の感性が世間とはずれているのか、はたまた子供っぽいだけでストーリーについていけないだけだったのか。

 そこのところまでは分かりませんが、『おお! これはっ!』と思うような点はなかったですね。

 冒頭の引き込みが足りないせいで、初っ端から飛ばし読みになってしまいました。

 ただ、しっかりと小説という形には書きこんであります。

 ライトノベルだとおっしゃっておられるレビュアーの方はおられますが、私はこれをライトノベルだとは思えませんでした。

 ただ、テーマを明確にさせるには力量がかなり不足していたような、そんな感じでした。

 物語の本筋を際立たせるためのエピソードの選択が、非常に現実離れしすぎているせいでしょうか。

 ファンタジーのようなエピソードがダメだと言っているわけではないんです。

 筆者の力量がそこまで達していないのに、それでもそのエピソードを選択してしまった、そこが問題なんじゃないかと思われます。

 また、人物のセリフが堅苦しすぎるかなとも思いました。

 自然に口に出るようなセリフではなく、場面場面で筆者が喋らせたいセリフを書いている、ただそれだけのように感じたのです。

 比喩表現も、文章の流れにあってなく、テンポがぶつ切りになってる感覚がありました。

 地の文、描写の巧みさ、ストーリー展開を総合的に考えてみても、『なろう』の中堅所か、それよりも上手どまりなんじゃないかな、という印象です。

 あ、ここで言う『なろう』はランキング無視した純粋な実力での話です、念の為。

 どっちにしろ、文句言われそうな書き方ですけど、申し訳ないです(笑)。

 簡単にいえば、ネットを探せばこの程度の小説ならいっぱい見つかるだろうって事。

 これはどう考えても出版社が悪いですよね。

 完全に利益に走ったんだなーと、だれだって思うはず。

 なんで大賞に祭り上げげたんだろう。

 売り上げたいなら、『有名人が書いた小説』止まりにしておけば、出版社も筆者もここまで批判されなかったと思うのになー。

 非常に残念です。

 ただ、水嶋ヒロさんには、これに懲りずに数年後、もっと実力をつけて再チャレンジしてほしいですね。

 『匿名公募(笑)』だなんて言われない作品を引っ提げて。

 ではでは、乱筆長文にて失礼します。

拍手[0回]

お鍋の季節

 どうも、針井です。

 お鍋が合う季節ですね。

 って事で、今日は一人鍋してました。

 幾分食べ過ぎたもんで、ちょっぴ腹が痛いんですけども。

 もっとも、量だけで見れば二人分くらい足りそうなそんなのを、一人で食べりゃ腹も痛くなるってもんですが。

 白菜突っ込んで、牛肉は高いから安い豚肉を使い。

 あとは豆腐とエノキと、冷蔵庫にあったニンジンも突っ込んで。

 締めまでは行きませんでしたが、まあ満足ですよ。

 ご飯炊いといて、おじやにでもしようと考えてたんですけども。

 明日の朝ご飯にでも食べるとします。

 そういえば、みなさんはお鍋の締めは何派ですか?

 おじやか、うどんか、はたまたラーメンか。

 僕は圧倒的におじやなんですけどねー。

 うどんは締めって言うよりも、鍋やってる途中で普通に食べる感じです、むしろ。

 ラーメンも同じですね、ラーメン鍋って言って食べるくらいなんで。



 さてさて、先日言っていた水嶋ヒロさんの小説『KAGEROU』なんですが。

 立ち読みしようと思ってたんですけど、やっぱりどこ行っても売り切れてましたねー。

 どこかには置いてるだろうとか考えてたんですけど、やっぱり甘かったです。

 でもなぁ、大体の反応を見る限り、予約してまで買ってみようとは思わない訳でして。

 予想ではすぐに再版されて本屋に並ぶと思われるので、ちょっと待とうかなと考えてます。

 あくまで立ち読みで済ませる考え(笑)。

 あれ、ビニールで閉じられたりしてないですよね?

 最近のライトノベルは、マンガみたいに袋とじになってる事があるんで、そんな風にされてたら困るなーっと考えてるんですけど。

 まー、僕みたいな輩に立ち読みで済まされてたら商売になりませんからね、ある意味ではいい方法なのかもしれませんが。

 ちょっと困るのが、内容をちょっとかじって買うか買わないか、見極めるのができなくなるってことなんですけども。

 まま、その話はこのところで置いておいて。



 近々、短編小説を一つ投稿する予定です。

 今のところプロットを組みつつ、出だしの文章を迷っているところでして。

 お時間がございましたら、一読お願いしたい次第でございます。

 では、本日はこの辺で失礼します。

拍手[1回]

カウンター

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN:
針井
性別:
非公開
職業:
大学生
自己紹介:
 主に『小説家になろう』のサイトにて、活動しております。よろしければどうぞ。

サイトマスター

最新CM

[01/15 如月えみぃ]
[01/15 平T]
[01/13 針井]
[01/13 如月えみぃ]
[01/13 針井]

ブログ内検索

最新TB

バーコード

アクセス解析

NEWS

小説家になろう

My 本棚

Copyright ©  -- 掃溜日誌 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]