忍者ブログ

掃溜日誌

日々の戯言や剣道の話、その他もろもろ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゲド戦記

 こんばんは、針井です。

 時期的に、かなーり遅れましてでございますが、先日『ゲド戦記』をDVDにて鑑賞いたしました。

 スタジオジブリの作品で、個人的にはかなり楽しみにしておりました。

 前評判としては、原作者様の『この作品は私が書いたモノではない、だが面白い』と言うのが印象的でしたが(大抵、『だが面白い』の部分が無視されがち)。

 まったくもって期待を裏切らない作品と言っても、過言ではないだろうかと。

 ってか、普通におもしろかったですよ?

 原作は『影との戦い』しか読んでいないボクですが、確かに原作者様が、自分の作品ではないとおっしゃったのも分かる気はします。

 つまり、いい意味で原作の雰囲気を噛み砕いて、新たな意味づけを行っていると、そんなイメージでしょうか?

 原作の方は、まぁ題名の通り、ハイタカ、つまりゲドの伝記的な小説なのですが。

 この映画では、なんというか、主人公と思いきやそうではないんですね。

 大賢人というだけあって、魔法の腕前は右に出るものなし。

 まさにヒーローな訳ですが、それは前半から中盤にかけてまで。

 後半になって初めて、ヒーローが他に居ることが分かるんですね。

 つまり、ゲドに命を救われた少年、アレンこそが本作品の真のヒーローなわけです。

 彼は若き日のゲドと同じく、自分自身の『影』におびえています。

 そのしがらみから解き放たれた瞬間、彼は本当の意味で本作品の主人公へと昇華されるのです。

 また、ヒロインであるテルーにしても、単なるお姫様な存在では終わりません。そう言う部分の設定が憎いですね(笑)。

 これ以上はネタバレになっちゃうんで、とても言えないですが。

 他のジブリ作と同様、キレイな背景と音楽が素晴らしかった、特に挿入歌である『テルーの唄』。

 CMで流れていた、あの曲ですよ。

 望むなら、その曲をエンディングに持ってきてもらいたかったですけど。





 とまぁ、ここまではいつも通りに良かった点を述べたんですが。

 ぶっちゃけ、他の酷評されてる方々の言うとおり、ストーリーディングが途中でちゃちなものになってしまっているのは否めません。

 伝えたいモノをそのまま描いているような、よく言えば率直な作品なのですが。

 大人にとっては、少し物足りなく感じてしまうのではないだろうかと。

 後半は完全に、少年マンガ的な展開になってましたしね。

 前半だけを見れば、文句なしと言えなくもないのですが……。

 後半の、駆け足展開だけが、ストーリーディングにおいての唯一の心残りでしょうか。

 また、映画の序盤で出てきた問題が、結局映画の中で解決されずじまいになってるんですね。

 作中で、なんとなくな回答は得られるんですが、なにかしっくりこないというか……。

 もったいないな、と。

 展開がかなり単純すぎだってのが、改善すべき点ですかね(自分で批判しておいて、耳が痛い(笑))

 でもホント、個人的には好きな作品でした。

 星3、4つくらいつけるかな?

 あの宮崎駿の息子であるというプレッシャーが当然あるだろうに、それでも映画を作りきった宮崎吾朗監督のこれからに期待大です。

 それでは、本日はこの辺で……。

 そいではっ!

拍手[0回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

つらかった

ゲドは、映画館で観たのです。私。

……すごいつらかった……。

途中で出ようかと思いました。DVDだったら印象変わるのかもしれませんが。

この監督、現代ものとかだったら、もうちょっと違ってたのかもしれないなあ。

とか、

あと十年ぐらい修行してからだったら、何とかなったかもなあ。

とか、考えてしまいました。素材がここまで良いのに、生かし切れてないと言うか。

部分部分を見たら、ああ、これはという良い所もあるんですが、

まとまるとどうしてこう、薄っぺらくなるのかなあ。と。不思議でした。監督自身が、若すぎたのかもしれません。

「この作品は、こういうものだろう」って、前提が最初にあって、それに合わせて切り張りしてゆくような作り方してる気がします。うまく言えないのですが。

それだと宮崎駿監督の作り方とは真逆なので、その点でも私、違和感を感じたのかもしれません。

>ゆずはらさま

 そうなんですか、映画館で……。
 やっぱ、自宅でみると、自分のペースで見れますもんね。どんな格好で見ようが、構わないですし。それを考えると、印象もかなり違うのかなぁ。
 確かに、おっしゃる通りかと。もっと長いエピソードなはずなのに、切り貼りしすぎているような感じはありましたね。個人的に、ラストのエンディングも丸投げでしたもんね。
 やはり、若さもあるのでしょう。今後の活躍に期待したいです!

TRACKBACK

Trackback URL:

カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
針井
性別:
非公開
職業:
大学生
自己紹介:
 主に『小説家になろう』のサイトにて、活動しております。よろしければどうぞ。

サイトマスター

最新CM

[01/15 如月えみぃ]
[01/15 平T]
[01/13 針井]
[01/13 如月えみぃ]
[01/13 針井]

ブログ内検索

最新TB

バーコード

アクセス解析

NEWS

小説家になろう

My 本棚

Copyright ©  -- 掃溜日誌 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]